今、この瞬間がチャンスです。

あなたは、思い切って自分自身に投資してみませんか?

最新のエントリー・Dr.RONのツイッターより


最新のエントリー・Dr.Kのツイッターより

私達が永年 FX を続けてきた経験を基に、FX プレイヤーで勝てないと嘆いている人の間違った認識をあげますと、

FX の本質を勘違いしている、もしくは、理解していない。

売買ポイントはインジゲーターの組み合わせでしか見つける事ができないと 思っている。

高値と安値の定義を知らない。

トレンドの定義を知らない・・・2と3が別物だという事をこの時点でまだ知らない

トレンドにおける需要と供給の意味を分かっていない。

トレンドの起点が見つけられない。

トレンドの終点ばかり探している・・・4と5は同じことだと勘違いしている

トレンドラインや水平線の使い方を勘違いしている 。

背景を見ていない。意識していない。


まず、私自身が FX トレードをどう考えていてどのように利益を得る取り組みを行っているのかを説明していきたいと思います。

まずは、FX の本質について話をしたいと思います。

FX の本質とは何かと質問すると、大半の人が、値動きだとか、投資家心理だとか、 経済政策や各国のファンダメンタルズだとかと言った答えが返ってきます。

たしかに、値動きは重要ですし、ここ数年プライスアクションという分析方法 がメジャーになりつつあるなかで、この値動きを見るというのが基本で大切な事なのですが、これは、FX の本質ではなく単に値動きってだけなのですね。


ましてや、各国の経済事情等は、FX の本質ではなく値を動かす一つのファクタ ーにすぎません。


投資家心理という回答にしても、その値を動かす要因は投資家心理なのですが、 半分はあっていて半分は間違った認識をしている人が多いのが実情です。


FX の本質とは何だと思いますか?


これを知っておいて自覚し、本質を念頭においてトレードをやらないと FX トレードでは成功しません。

経済に詳しくなくてもいいし、高値とか安値を必ず取る必要はありません。

経済も多少は知っておいた方がいいでしょうけど、高値とか安値を点でとらえる必要などありませんという事なのです。

高値とか安値なんて、絶対に分かりえないですし、それを狙うと必然的に逆張 りになってしまいますから。

もちろん高値とか安値を点で目途を立てる分析方法はありますし、かなり高い 確率でエントリーする事は実際可能ですが。

私が言いたい事は、いかに効率よく稼ぐかというFX の本質に基づくトレードルールを作り、効率よく利益を取りましょうという事なので、やはりトレンドフォローとなるわけです。

上げ始めたら買う。

下げ始めたら売る。

という事ですね。

でも、上げ始めたからといってどこで買ってもいいわけではありませんし、下げるときも同じです。

上げているのならば、なるべく安い値で買って、なるべく高く売った方が効率 よく利益はとれますし、下げているのならば、なるべく高い値で売って、なるべく安く買い戻す方が効率よく利益は取れます。



つまり、押し目買いや戻り売りとなるわけです。

これがエントリーの基本ですね。

では、利喰いはというと、その上げている中でなるべく安くなった値で買い、 その値から一方方向になるべく利が伸びた場所で利喰いを行うのが鉄則です。

たまに、スキャルピングを勉強するとか、スイングを勉強するとか言っている 人を見かけますが、これも本質から離れていますね。

初めからスキャルピングとかスイングとか狙ってやるのではなく、その環境に おいて、今は、どうなったらどこからどこまでを狙えば効率よく利益を得る事 が出来るかを考えるわけです。

FXの本質は稼ぐことです。

いかに効率よく稼ぐことができるかどうか。

これを常に念頭においてトレードをやってみてください。

値動き(相場)とは、トレードしている人(プレイヤー)の売買動機の思惑と意思決定の現れであり、一人一人のプレイヤーが買い、売り、様子見といった行動に対しての考えを思考錯誤しています。



そのプレイヤーたちの動機の意思決定が相場の値動きを作ります。

その値動きを見た(参加している)プレイヤーの心理が束になり群集心理となり相場の気配を作ります。 上昇相場や下降相場といった気配(=相場)です。

同一方向に群集心理がまとまれば、その値動きは大きなものになります。

チャートを見る場合でも心理を考え値動きを純粋に見る事によりテクニカル指 標しか見ていない人よりも断然に早い段階で相場をとらえることができます。

チャート上で投資家の心理が現れる順番は、

1.市場参加者の動機を生む何かが起きる

2.トレーダーの思惑と意思決定

3.売買注文(エントリー注文/決済注文)

4.ローソク足の現在の価格が変化する

5.ローソク足が終値を付けた時にテクニカル指標が計算されて更新

6.テクニカル指標の売買サインが出る

相場をテクニカル指標中心に見ている人は 5 か 6 でやっとエントリーできるのですが、相場を心理として見ている人は、2~4 でエントリーできます。

群集心理が偏りだす前から先回りしてエントリーできるのです。

また、それだけ早く転換を見つけることが可能ですからストップロス(損切り) も幅が狭くなります。


※私の損切り幅は基本的に 5pips 範囲(スプレッド込)


買いで利益をあげるには、自分が買うのと同時か、自分が買った後で、自分以外の大多数のトレーダーが買いでついてこなくてはなりません。


売りの場合は、逆に、自分が売るのと同時か、自分が売った後で、自分以外の大多数のトレーダーが売りでついてこなくてはなりません。

これは、他の群集心理が偏る前、たとえば他の大多数のプレイヤーが買いたいと思う前にいち早く察知し買いを入れておき、群集心理が入ってきたころには、 自分のポジションを持ち上げてくれるようにしておかなければならないのです。


ただ残念なことに、そのような事は一個人ではできません。

しかし、この状況に似た環境を作る(選ぶ)事は可能です。

FXは投機です。

利益を出す場所を見つけそこにお金を投じてお金を増やすゲームです。

でしたら、確実に、「ここからここまで。」これを狙うのがFXです。

このあたりでエントリー、試しに入ってみよう。

どこまで伸びるかな。

伸びるところまで伸ばそう。

含み損も少しほっておけば戻るだろう。

頼む・・・もどってくれ~~~~。(嘆き)

これは、ギャンブルとしか思えません。

具体的にチャート上でエントリーする場合に狙うポイントは、

自分が買った後に続いて、他のトレーダーが買いを入れてくるポイントを見 つける。

自分が売った後に続いて、他のトレーダーが売りを入れてくるポイントを見 つける。

この 2 点です。

これには、他のトレーダーが緊急の意思決定を迫られるポイントを見つける必 要があり、それは、テクニカル指標を見ていては、そのポイントは見つからないのです。

ジャンケンで100%勝つためには何を考えますか?

どんな戦術を練りますか?

エントリーした瞬間にエントリーした方向に値が伸びるポイントでエントリー してこそ正しいエントリーといえます。

スプレッドを気にする人や初めから損切りを設定する事が正しいと思っている 人が多いのですが、それは、正しいエントリーポイントを見つけきれていないという事につながります。

買い始めの最前列または売り始めの最前列に立って、

後ろから押してくる人達を見そして、目的地についたらその行列が限界に来る前に降りてしまいましょう。


これがFXの本質です。

私は一切インジに頼らず、値動きの本質を見て、その結果のみでトレードをやっています。

プライスアクションは、「トレンド」を最重要だと考えます。

トレンドを明確に理解するには、値動きのメカニズムを完全に理解しなければいけません。

値動きは、需要と供給のバランスで動くのですが、その需要や供給と決める前提は何なのか?

高値と安値を明確な定義で見つけているのか?

この辺り、あなたはなんとなく知っているかも?

といった認識ではないでしょうか?

残念ながら、いろいろな有名トレーダーの方のブログや本、動画を見ても、この辺りが曖昧にしか説明できていないのが現実です。

基本中の基本を簡単すぎて(簡単そうに見えて)曖昧にしていませんか?

当神話の法則手法の紹介

私のトレード理論の基礎は、ダウ理論の中でも大事な理論を、独自の為替思考に置き換えて概観していることです。

私は、ダウ理論を根幹にした、「トレンド」「エリオット」「ギャン」「フォーメーシ ョン」「サイクル」にダウ理論とは別の理論である「フィボナッチ」を組み合わせた全ての値動きを「波」と比喩表現し、トレードは波に乗るという持論でダウ理論を考えています。


その「波」すなわちダウ理論を基にした独自の考えで概観します。

その「波」には、「値幅」「時間」「勢い&加速」があり、全て、これらの考えで分析可能となります。


また、最大の利点は、「過去の分析」「環境認識」「未来の予測」この 3 点を「波」だけで導き出せると言う事です。

過去の分析=サイクル・・・フォーメーション・・・チャートパターン・・・転換等

環境認識=トレンド・・・売買方針目線の確定等

未来の予測=値幅・・・加速・・・転換等

私が考える「波」の基本となる「ダウ理論」の考えに基づきトレードを行っています。

当スクールの指導理念

ですので、初めて聞く事が多く、これまでの貴方の常識を覆すかもしれません。

しかし、投資家の90%が負けていると言われている相場の中で、その90%の人が知りえる理論で勝てるわけがありません。

色々な著書に記述さていない理論こそ本当の勝ち理論だと気づいて下さい。

WEBの情報や本の情報は、この定義付けが定まっておらず、場合によってはという感性が必要な理論が多く、それはなんとでも言える理論だという事です。


例えば、「抵抗」

抵抗とは何ですか?

具体的に誰が何のために抵抗しているのか分かりますか?

私には理解できません。

勝っている風に情報を発信している人間に踊らされていませんか?

「水平線」レジサポや重要なラインの主観的解説を読み、かってに勝っている人はこのようなことを見ているのか。

真似してみようと思っていませんか?

しかし、この場合はここに線を引く。

今回はここに引く。

具体的な線引きのルールは?

注目されそうな所に引いてるだけで定義はありません。

このような経験ありませんか?

定義がないという事は、ルールではなく感性で見ているということです。

私の分析方法、トレード手法はシンプルに値動き(値=プライス・動き=アクション) だけを見ます。


ですが、同じ理論同じ定義で相場を見ることにより感性や曖昧さは必要ない相場の見方、トレードができるようになります。

よく思われがちなのが、勝っているトレーダーはモニターをいくつも使い、複雑なテクニカル指標を駆使し、何か特別な手法でトレードしているのではないか?

という事なのですが、そんな事は全然ありません。

必要な物は、パソコン1 台とチャート 1 枚のみ。

どこの業者でも無料で提供しているチャートで構いません。


え?


と思われるかも知れませんが、よく考えたら、そうでなくてはならないとは思いませんか?

複雑なテクニカル指標の組み合わせのサインが出ないとエントリーも決済もできない。

そうであれば、誰でも勝てるはず。

値動きの本質を勉強せずに、まったく違うことを勉強している。

基本を知らないのに応用を勉強している。

しかも、そう必要のない応用を。

そんな甘い考えで相場に臨み、痛い目にあった人が多い。


あなたも心当たりがありませんか?


安定して勝てるようになるには、いつ値動きの本質に気づくかどうかです。



才能はいりません。

気づけばいいのです。

気づくように努力すればいいのです。



成功するためには努力は必要ですが、努力の質と方向性を間違えるととんだ遠回りをするだけでなく痛い目にあうことになります。

間違った努力をする必要はありません。

信じて努力してください。

色々なトレード方法や理論を記載しているマニュアルが存在しますが、そのマニュアルを購入し読んで理解したと思い実際にトレードするとあれ?

勝てない?

理解ができてないのかな?

それともマニュアル通りにいかないの?

と、このような経験があると思います。

これは、マニュアルには良いことが書かれていても、読み側のインプットとアウトプットに差が出るための現象、もしくは書き手が間違った認識をしているかです。

投げ売り販売のマニュアルでは、自分の理解度が正しいかどうかの判断も自分で検証しなければ確認できませんし、言葉のニュアンスでまったく違うインプットをしてしまう可能性も高くあります。



これらをなくすために、当スクールでは、対話式の講座をパッケージにしています。

FX トレード理論を勉強する上で、配信者からの一方通行というのが、受講生を駄目にしてしまいます。

配信者と受講生はお互いに会話をしながら勉強していかないと正しいスキルアップにはつながりません。


ですので、解説ならびに問題提示と返信を使った配信を行って行きます。

レクチャーカリキュラムプラン

【理論解説】FX総論(FXの本質/値動きの本質/時間軸の考え方等)

【理論解説】トレンド基礎講義

【理論解説】トレンド実践講義

【理論解説】トレンド応用講義

【理論解説】トレードスタイル構築講義

【理論解説】ライン講義

【理論解説】時間概念を取り入れたトレンド応用講義

【理論解説】エントリーと利確講義

【理論解説】フィボ・波動講義

【理論解説】ファンダメンタルズ講義

以下は、具体的且つ、明確なレクチャーの一部です。



ツイッターにて最新ポジション公開中

ツイッターDr.RON講師・(男性)・アップ・ダウン・共に専門

ツイッターDr.K講師・(男性)・アップ・ダウン・共に専門「ややダウントレンドが苦手」

ツイッターDr. N講師・(男性)・準備中・アップ・ダウン・共に

ツイッターDr. O講師・(男性)・準備中・アップトレンド専門

ツイッターDr. T講師・(男性)・準備中・ダウントレンド専門

ツイッターDr. A講師・(女性)・準備中・アップ・ダウン・共に



■よくある質問

Q:同じように勝てるのか?


あきらめなければ勝てるようになります。

これまで、現行も含めて数十人をレクチャーしました。…(上記講師の中には、FXのFの字も知らない、投資なんて永遠に縁が無いと思っていた方もいらしゃいます。)

その中で8 割の人が私と同じくらい勝てるようになっています。

(年間レクチャー生用のSNS を開設しています。同じように勉強されている方や卒業生で、すでに専業として稼がれている方も多数おり情報交換などをいたしております。)


Q:個人差がチャートの見方で出てくる事はありますか?


これは、まったくありません。

もし見方が違うのであれば、アウトプットが違うだけです。

ですので、見方が違う=理論が理解できていない=改善すればみな同じになる。・・・という事です。


全てにおいて定義付けしており、数十人が同じ理論方法で同じように見ていますので、ほぼみなさん、同じポイントを狙っています。

現行レクチャー生はそのポイントを勉強する事とエントリータイミングを勉強する事が最重要課題となります。

例えば、テクニカル指標を使ったり、ラインなど人の感性が必要になるような曖昧な根拠は必要ありません。

誰が見ても(もちろん分かっている人だけ)同じようにポイントを見つける事ができるようになるのが当たり前のことです。

■講師紹介

Dr.RON (専業トレーダー歴15年)

2000-FXトレーダーへの転身

2003-億トレーダーの仲間入りを果たす

2007-某雑誌にてコラム執筆

2008-某トレーダーランキング年間1位

2009-某トレーダーランキング年間1位

2010-資産を10倍に増やす

2012-専業トレーダーの傍らFXセミナーを開講

2013-トレーダーをほぼ引退し各地でFXセミナーを展開中

2014-専業個人投資家としてFXトレードを楽しむ日々を過ごす一方、
たえず研究を重ねトレードする傍ら、後進の育成にも取り組んでいます。


相場をシンプルにひとつのルールに基づいてFXで富を得ました。

2009‐2012年にはメディアへの露出や某有名シグナル配信サイト(z○l○やF○やS○G)でトレーダーズランキング1位を年間で獲得。

現在は、個人投資家として利益よりも楽しみを優先にFXを楽しんでいます。

1日平均300-500pipsを9通貨ペアで取っており、スイングもスキャも全て、トレンドの大きさで決めています。・・・インジはまったく使いません(必要ありません)すべては独自のダウ理論を基にトレードしています。



Dr.K(専業トレーダー歴4年)

2015-FXを知りすぐにDr.RONへ弟子入りする

2016-億トレーダーの仲間入りを果たす

2017-専業トレーダーの傍らFXセミナーを開講

Dr.RONの理論を習得し独自のトレードにされている。

理論的で利を確実に取るトレードが特徴的。

トレンドの視野を大きく持ち強いバイアスを持ってブレないトレードが特徴の天才肌トレーダー。



Dr. N (専業トレーダー歴1年)

2017-サラリーマンの傍ら兼業トレーダーとしてDr.RONのレクチャーを受け、半年で会社を退職し専業トレーダーとなる。

FXを知り早い段階でDr.RONの理論を習得し最短で成功を収めたトレーダー。

まだ、未熟な面もあるがその辺の自称プロトレーダーには負けない成績。



上記は、2015年12月14日ドル円
上記は、2015年12月15日ドル円


以下は、会員に配布される、2017 07 26 ドル円相場目線と戦略

Copyright (C) 2017プライスアクショントレードFX All Rights Reserved
あなたが勝利を握りしめるまでの我々が提供する神話の法則講義。


カリキュラムプラン


理論講義


理論復習講義


トレンド基礎講義


課題復習講義


実践復習講義


トレンドサイズ講義1


理論復習講義


課題復習講義


トレンドサイズ講義2


実践復習講義


トレンドサイズ講義3


復習講義


復習講義1


ライン講義1


復習講義


復習講義1


ライン講義2


復習講義


復習講義1


総合講義


フィボ講義


復習講義


波動講義


復習講義


戦略講義


エントリーと利確講義


復習講義


エントリーと利確講義2


復習講義


総合講義


計30回


上記これらは、あなたが目が飛び出て鼻血が噴き出すほどの金額を叩いて、我々が、マンツーマンのレクチャ-を週1回から2回、2時間以上のレクチャーを1年間で教えています。

ここも勘違いしてほしくないのですが、我々は十二分に、トレーダーとして稼いでいます。

自称プロの億トレーダーと同じにされては困りますから。

自称プロは、トレンドも知らず、能書きばかりで、信じる者は、メンタル・・・(我々のエントリーを見て、メンタルはあるでしょうか?)・・・(メンタルが必要なトレーダーは偽物、トレンドを見抜けば、メンタルは無いです。)


上記のツイッターを見て頂ければ分かると思いますが、

なので今回は、少しやり方を変え、誰でも講義が受けられるように、グループレクチャーを作りました。


上限20名/1クラスでのオンラインレクチャーとなります。

毎週1回、約90 分~120 分程度の講義を行います。

(参加された方は、日程はスケジュールを組みますので、中にあるSkypeに直ぐに連絡してください)


講義は画面共有ソフトを用いて行ないます。

画面共有ソフトはこちらで準備しますが、直接会話形式で講義を行ないますので、マイクとスピーカー、もしくは、ヘッドフォンやインカムが必要となります。・・・(安いもので2000 円くらいで売っています)



また、講義は繰り返し学習いただける様にすべて録画し配布しますので、何度も繰り返し学習できます。


1講義を1週間かけて勉強していきます。

さらに、Skypeでリアルに課題についての問答を行なったり、現在の相場観をチャットします。

これは、受講生それぞれに担当の講師が付きます。

また、受講期間中は、質問には全て回答し返信・課題の添削をします。

リアルタイムチャートを追いながらSkype チャットや通話を行いますので、一緒にチャートを見てトレードしている感覚になります。

我々がどこのトレンドを見ているかが分かるようになります。

冒頭でお話した通り、誰でも手が届く料金プランと、より多くの勝ち組が世に進出出来る為に、以下のプランを我々が提供します。

グループレクチャー 週1回から2回(120分/1回) 2か月

170,000円(税込み)です。

FXで勝つ為の、特に重要な確信から教えていきますが、冒頭でお話ししている、レクチャーカリキュラムプラン全てを教えることはできません。

経験者や初心者もおられますので、あなたがまだ必要と思うのであれば、月の延長料金を35,000円をお支払いになり、そのまま延長してください。

我々も中途半端ではやりたくはありませので、延長も用意しております。・・・(FXに関しては知らないことはありませんので、納得のいくまで何でも聞いてください)


それなりにFXの経験があれば、2ヶ月程度で大丈夫とは思っています。

これは今までの私の経験なのですが、ほぼ90%の方が同じところで転んでいますので、そこを直すだけで経験者の方は悪い所が治ります。

逆に、全くFXの経験が無い方は、2ヶ月程度で勝ち組にさせる自信がありませんので、上記レクチャーカリキュラムプラをそれなりに勉強してください。

グールプレクチャーで講義した動画は、講義に参加され無かった方々に送りますので、予めご了承ください。

マンツーマンレクチャー

中には、マンツーマンレクチャ-を望まれる方もおられると思いますが、まずは上記グループレクチャーで入られて、直ぐに講師のスカイプに変更を申し出てください。

仕事の時間帯や自分のスキルとスピードに合わせてカリキュラムを変更しながらレクチャーしていきます。

但し、マンツーマンレクチャ-を望まれる方は、基本的1年間です。

早朝~夜中、時間は問いません。

全ての講義は動画を送りますので復習ができ、受講期間中の質問も無制限で対応します。

受講、相談等を受ける際にご準備頂くもの

Skype

https://www.skype.com/ja/

TeamViewer

https://www.teamviewer.com/ja/

MT4デモ口座


両方無料でDLできます。

直接会話形式で講義を行ないますので、マイクとスピーカー、もしくは、ヘッドフォンやインカムが必要となります。

いつまでも時間を無駄にせずに一直線に成功へ近づく為に、自分に投資してみましょう。・・・これができる人とできない人の差です。


お申込み

FXレクチャ-

レクチャー 週1回から2回(120分/1回) 2ヶ月

170,000円(税込み)










(投資に係るリスクおよび手数料について)



当商品は、著者と同じような勝率・利益を保証するものではございません。

先物取引・FXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行う事がありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。

該当商品の取引には、FX業者・証券会社の売買手数料がかかります。

以下は、たった5日で1億円以上の利益動画です。